So-net無料ブログ作成

この際だから筋トレについてただしく学ぼう! [筋トレ]

専門のトレーナーから教わっていると、普段思っていた事は
間違いだらけだった事に改めて気づかされます。


筋トレをすれば必ず筋肉が付くというわけではなく
トレーニングのやり方しだいで、筋肉が付く場合と
持久力が付く場合があります。


昔、部活でやった腕立て伏せやスクワット100回などは
持久力の筋トレです。

筋肉を大きくするトレーニングは10回位が限界の負荷を
かけるのが効果的です。
腕立て伏せならばゆっくりと行うや、ウエイトをつけるなどです。

その際、自分が今どこの筋肉を使っているか意識する事も
大切です。



激しい筋トレを毎日行っても筋肉は付かず、逆に萎縮してしまいます。
激しいトレーニングを行った後は2~3日空けましょう。
破壊された筋繊維が修復されるまで(筋肉痛が治るまで)強い負荷は
かけてはいけません。

痛めつけられた筋繊維が回復するときに、新しい筋繊維が付き筋肉が
つくと言われております。


但し、少しの運動なら毎日続ける事も可。
要するに痛みや疲れがある時は無理してやらなくてもよいということ。

休養の際はたんぱく質を取り筋肉の発達を促しましょう。
その際はやはりプロテインがお勧めです!



激しい運動の後は筋肉に乳酸がたまっているので、
ストレッチなどをして体を十分に温める事により、筋肉痛の治りも早くなります。
総じて筋トレ前後にはウォーミングアップやストレッチを行いましょう。



筋肉を作る為には、たんぱく質だけでなく、炭水化物も重要。

タンパク質を筋肉中に送り込む役割の炭水化物量が少ないと
トレーニングしてもムダになってしまいます。

筋トレにはアミノ酸も大事です。アミノ酸が不足していると
筋トレによってたんぱく質が失われるので、トレーニングする際は
意識してアミノ酸も摂取するようにしましょう。


筋トレ前後のエネルギー補給も忘れずに行いましょう。

一番手軽なのはトレーニング30~60分位前にプロテインを飲み、
トレーニング後に、またプロテインを飲みます。


今のプロテインはバニラやココアなど飲みやすく味が付いているので
プロテインシェーカーで混ぜて牛乳と一緒に飲むと普通に美味しいです^^
お勧めですよ♪


未だにプロテインを、何か筋肉増強剤のような薬と勘違いされている方が
いますが、普通のたんぱく質なのでお間違いの無いように。
運動選手は皆さん飲んでいます。








トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。